Aloha News Net ウイルス


Aloha News Net

Aloha News Netは、ユーザーの設定を無効にし、要求されていない、または許可されていない多くの変更を行う不要なWebブラウザアプリケーションです。Aloha News Netは新しい検索エンジンをインストールし、ホームページのアドレスを更新し、ブラウザを広告付きページにリダイレクトさせます。

これらの変更はすべて、Aloha News Netの開発者が、特定のポップアップ広告やバナー、リンクをクリックするとお金が発生するペイ・パー・クリックや、特定のページやウェブサイトへのアクセス数に応じて収入が発生するペイ・パー・ビューの報酬モデルに基づいて、広告収入を得ることを目的としています。このようなオンライン広告モデルは、法的には何の問題もなく、違法ではありません。しかし、Aloha News Netがシステムの一部となって動作を開始すると、エンドユーザーにとっては非常に不愉快な事態となります。

Aloha News Netウイルス

Aloha News Netウイルスのようなハイジャッカーは、Firefox、Edge、Chrome、Operaをはじめとするほとんどのブラウザに準拠して作られているため、有料広告やサポートされているページにさらされるユーザーの数ができるだけ多くなります。このことは、デフォルトのWebブラウザを変更して別のブラウザを使用しても、「Aloha News Netウイルス」の広告妨害から救われる可能性が低いことも意味しています。

ブラウザハイジャッカーがコンピュータ内に存在する限り、新しくインストールしたブラウザと統合し、その設定をハイジャックすることができます。そのため、ウェブ閲覧の障害に対処する最善の方法は、このアプリケーションをシステムから完全にアンインストールし、現在使用しているブラウザからその変更を削除することです。これは、ウェブを閲覧する際に攻撃的な広告にさらされるのを防ぐだけでなく、デバイスをより安全にし、疑わしいウェブロケーションや、ウイルス、ランサムウェア、トロイの木馬などのマルウェアを含むウェブ広告に誤ってさらされるのを防ぐためにも有効な手段です。包括的なアンインストール手順については、すでにAloha News Netの削除を試みて成功しなかった場合、このページの削除ガイドを参照してください。

ほとんどのブラウザハッカーは有害な能力を持っておらず、これは非常にホッとするニュースでもあります。ハイジャッカーは、通常、有料の広告を生成したり、ユーザーを宣伝用のサイトにリダイレクトしたりして、作成者の収入につなげるアプリです。とはいえ、ハイジャッカーが(直接ではないにせよ)潜在的なセキュリティ上の脅威となることはよくあります。よくある例としては、ブラウザの画面に表示される広告や、ブラウザハイジャッカーがリダイレクトできるページが安全でない場合です。

オンライン広告には、低品質のウェブサイトにリンクするものや、海賊版コンテンツや感染リンク、スパイウェア、トロイの木馬、ワーム、ランサムウェアなどのマルウェアやあらゆる種類のコンピュータウイルスが掲載されている可能性のある疑わしいページがたくさんあります。また、広告や自動リダイレクトによってフィッシングサイトに誘導されることもあります。このようなサイトは、一見無害に見えますが、ユーザーを騙して個人の機密情報をアップロードさせ、後で犯罪に利用される可能性があります。

要するに、Aloha News Netのようなブラウザハイジャッカーを自分のコンピュータに残しておくことはお勧めできません。私たちのお勧めは、専門的なソフトウェアの助けを借りてこのようなソフトウェアを削除すること、または以下に紹介するような手動による削除手順を実行することです。

概要 :

名称Aloha News Net
種別 ブラウザ ハイジャッカー
検出ツール

Aloha News Net ウイルス削除する


Step1

セーフモードで再起動してください(手順は英語ガイドを参照)。

Step2

隠しファイルとフォルダーを全て表示しておく。

  • 大事な作業です。Aloha News Net による隠しファイルがあるかもしれません。

スタートキーとRキーを同時に押した後、appwiz.cpl と打ち込みOKをクリック。

appwiz

コントロールパネルに飛びます。怪しいエントリーはアンインストールするか削除してください。

検索ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押すと、ポップアップ ウィンドウが表示されます。

msconfig_opt

スタートアップのタブ内で、製造元が不明、または怪しいもののエントリーのチェックを外します。

  • 注意 : お持ちのパソコンに大きめな脅威 (ランサムウェアなど) があると感じる要素があれば、ここで全て確認しておきましょう。
Step3

スタートメニューを開き、ネットワーク接続を探し(Windows 10をお使いの場合は、Windowsボタンをクリックし、「ネットワーク接続」と打ち込みます。)、エンターキーを押します。

  1. ご使用のネットワークアダプタを右クリックし、「プロパティ
  2. →「インターネットプロトコルバージョン4 (ICP/IP)
  3. を選択し、「プロパティ」をクリック。
  4. DNS回線が、DNSサーバーを自動取得するように設定してあります。もしされてない場合はここで設定してください。
  5. 「詳細設定」をクリックし、DNSタブを選択。 ( もしボックスに何か表示されている場合) 全て消去し、OKを押します。
DNS
Step4

ブラウザのショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。

メモここではGoogle Chromeを使ってお見せしましたが、Firefoxや IE、Microsoft Edgeにも対応しています。

browser-hijacker-taskbar-properties

「プロパティ」から「ショートカット」を選び、「ターゲット」欄の.exe 以降のものを全て消去します。

Browser Hijacker Removal Instructions

ie9-10_512x512 Internet ExplorerからAloha News Net を駆除する方法:

Internet Explorer を起動後 IE GEAR をクリックし、「アドオンの管理」を選択。

pic 3

危険性のあるものを見つけ、「無効」に設定します。 から—–> 「インターネット オプション」を選び、URLをご使用のものに変更し (ハイジャックされた場合) 、「適用」を押します。

FirefoxからAloha News Net を駆除する方法:

Firefoxを起動後、 mozilla menu をクリックし、「アドオン」から「拡張機能」を選択します。

pic 6

アドウェア、マルウェアを探し、「削除」をクリック。

ChromeからAloha News Net を駆除する方法:

Chromeを終了し、 C:/Users/!!!!USER NAME!!!!/AppData/Local/Google/Chrome/User Data 
を閲覧すると、中に「Default」というフォルダがあります。

Rename the Folder to Backup Default

ファイルネームを「Backup Default

に変え、Chromeを再起動します。

  • この段階でAloha News Net はChromeから消えている状態ですが、システム再起動時にまたAloha News Netが現れることがないよう、ガイドを全て読んだ上、正しい手順を踏んでください。
Step5

Ctrl + Shift + Escキーを同時に押し、「プロセス」タブを選びます。Google などで検索するか、このサイトのコメント欄で私たちに連絡をし、どれが危険性のあるものか見極めましょう。

警告: この手順をする前に、必ずこのガイドをよくお読みになってください!

問題のプロセスを個別に右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック。 そのフォルダを開いた後、そのプロセスを終了し、 行き着いたディレクトリを削除します。

malware-start-taskbar
Step6

Windows 検索ボックスに「Regedit」と入力し、エンターキーを押します。

Regedit」内でCtrlF キーを同時に押し、そのAloha News Netの名前を入力。右クリックし、それと同じような名前の入った項目を全て削除します。そういった表示がない場合、手動で以下のディレクトリに行き、削除 / アンインストールの作業をしてください。

  • HKEY_CURRENT_USER—-Software—–Random Directory
    ここに表示される項目は全てAloha News Netの可能性があるものです。どれが悪性のものか分からない場合は私たちにご連絡ください。
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—-Windows—CurrentVersion—Run– Random
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—Internet Explorer—-Main—- Random

何か問題が発生したら、忘れず私たちにご連絡ください。

blank

About the author

blank

George Slaine

Leave a Comment