CoreSync Virus


CoreSync

CoreSync.exeの場所が一時ファイルのWindowsフォルダーのサブフォルダーにある場合、これはシステムがトロイの木馬ウイルスに感染していることを意味します。

CoreSyncはトロイの木馬に分類され、感染したコンピューターに損害を与えるために特別に作成されました。ほとんどの場合、CoreSyncは感染したコンピューターへのリモートアクセスをハッカーに提供し、さまざまなシステムプロセスを操作させることができます。トロイの木馬ウイルスは非常に一般的なオンライン感染です。しかし、ウェブユーザーの大多数は、これらの恐ろしい脅威についてまだ多くを知りません。たとえば、CoreSyncと呼ばれる新しいトロイの木馬の亜種の1つに感染したユーザーから多くのメッセージを受け取りました。ユーザーは、感染への対処方法と感染から何を期待するかについて質問をしてきました。そのため、現在の記事と下記の削除ガイドを作成しました。ただし、その手順に進む前に、以下の情報を読んで、CoreSyncなどのトロイの木馬ができることについてもう少し学ぶことをお勧めします。

すべてのトロイの木馬ウイルスの重要な特徴は、強力なセキュリティプログラムの助けなしでは、通常のWebユーザーがそれらを検出できないことです。そのため、CoreSyncなどの感染は、ハッカーやサイバー犯罪者にとって好ましいツールです。実際のところ、トロイの木馬は数週間、場合によっては数か月間も気付かれずにいる可能性があるため、コンピューター上のCoreSyncの存在を実際に知ることは素晴らしいことです。悲しいことに、トロイの木馬の性質の1つはその汎用性に関係しているため、感染からどのような害が予想されるかを説明することはできません。ハッカーはCoreSyncのようなプログラムの助けを借りて、データの盗難やスパイからシステム全体の破壊など、あらゆることを実行できます。

CoreSyncウイルス

CoreSync.exeは暗号ジャックトロイの木馬の名前であり、Adobe社のAdobe Acrobatのソフトウェアコンポーネントである本物のCoreSync.exeファイルと間違えないでください。悪意のあるCoreSync.exeファイルの場所は、一時ファイルフォルダーにあります。

トロイの木馬ベースのプログラムの考えられる用途の1つは、マルウェアの配布と配信です。そのため、コンピューターにCoreSyncが存在すると、ランサムウェア、スパイウェア、および他の誰に感染する可能性があります。トロイの木馬を使用して、コンピューターをボットに変え、ハッカーがそれを疑うことなくリモートで制御できるようにすることもできます。 24時間365日の監視の対象となり、金銭の盗難やハッカーのサーバーに送信されるだけでなく、その後破壊される可能性のある貴重な情報の盗難の被害者になる可能性があります。

ご覧のとおり、CoreSyncなどのトロイの木馬は過小評価されないため、システム内のトロイの木馬をすばやく削除することが重要です。前述のように、以下の削除手順を使用できますが、マルウェアプログラムに関連するすべてのものが常に削除されるとは限りません。そのため、疑わしい場合や削除プロセスを高速化する必要がある場合は、代わりに以下に掲載されている専門の削除ツールを使用できます。ほんの数分で、このツールは感染したデバイスをスキャンし、マシンからCoreSyncを見つけて削除します。

CoreSyncマルウェア

CoreSyncは、サイバー犯罪者にユーザーのコンピューターへの不正アクセスを提供するために使用されるマルウェアウイルスです。システムに入ると、CoreSyncは悪意のあるプロセスを起動し、ファイルを破壊し、ソフトウェアを破損し、システムにランサムウェアやその他のウイルスを挿入できます。

また、CoreSyncをコンピューターから正常に削除したらすぐに、将来の感染の可能性を防ぐために適切な予防策を講じることが賢明です。すべての最新の更新プログラムでデバイスを更新し、高品質のウイルス対策プログラムまたはマルウェア対策プログラムをインストールすることから開始できます。ウイルスのないコンピューターを使用するもう1つの重要な側面は、疑わしいWebサイトにアクセスせずに、スパム、未知の送信者からのメール、疑わしい添付ファイルを避けることです。

概要 :

名称 CoreSync
種別 トロイの木馬 (Trojan) 

不審なプログラム (PUP)

危険レベル 高 ( この上なく非常に危険 )
感染症状 トロイの木馬は通常、システムにできるだけ長く留まるために、その存在の目に見える症状を示します。
感染経路 スパムは、マルウェア、トレント、感染したソフトウェアインストーラとともにトロイの木馬を配布する一般的な方法です。
検出ツール

SpyHunterの マルウェア検出ツールは完全無料です。感染を駆除するには、完全版の購入が必要です。
SpyHunterに関する詳しい情報はこちら 、そしてアンインストールの仕方はこちら  をご覧ください。

CoreSync 削除する

Step1

セーフモードで再起動する。( やり方はこちらをご覧ください )

Step2

これは最重要で最難関な部分です。 I誤って違うファイルを削除してしまうと、お使いのシステムが損傷し、二度と復元できなくなる恐れがあります。,
>> 完全 parasite スキャナー・駆除ツールSpyHunter をダウンロード

 

隠しファイルとフォルダーを全て表示しておく。

  • 大事な作業です。CoreSync による隠しファイルがあるかもしれません。

スタートキーとRキーを同時に押した後、appwiz.cpl と打ち込みOKをクリック。

appwiz

コントロールパネルに飛びます。怪しいエントリーはアンインストールするか削除してください。

検索ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押すと、ポップアップ ウィンドウが表示されます。

msconfig_opt

スタートアップのタブ内で、製造元が不明、または怪しいもののエントリーのチェックを外します。

  • 注意 : お持ちのパソコンに大きめな脅威 (ランサムウェアなど) があると感じる要素があれば、ここで全て確認しておきましょう。

Step3

スタートメニューを開き、ネットワーク接続を探し(Windows 10をお使いの場合は、Windowsボタンをクリックし、「ネットワーク接続」と打ち込みます。)、エンターキーを押します。

  1. ご使用のネットワークアダプタを右クリックし、「プロパティ

  2. 「インターネットプロトコル バージョン4 (ICP/IP)

  3. を選択し、「プロパティ」をクリック。

  4. DNS回線が、DNSサーバーを自動取得するように設定してあります。もしされてない場合はここで設定してください。

  5. 「詳細設定」をクリックし、DNSタブを選択。 ( もしボックスに何か表示されている場合) 全て消去し、OKを押します。

DNS

Step4

Ctrl + Shift + Escキーを同時に押し、「プロセス」タブを選びます。Google などで検索するか、このサイトのコメント欄で私たちに連絡をし、どれが危険性のあるものか見極めましょう。

警告: この手順をする前に、必ずこのガイドをよくお読みになってください!

警告!
Parasite を駆除する作業の中で、必要なシステムファイルやレジストリを削除したり、誤った操作をしてしまう恐れがあります。 誤って何かを削除するなど、ほんの小さなミスがシステムに影響する可能性があります。
完全 parasite 駆除ツール SpyHunter でこれを予防しましょう。

問題のプロセスを個別に右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック。 そのフォルダを開いた後、そのプロセスを終了し、 行き着いたディレクトリを削除します。

malware-start-taskbar

Step5

Windows 検索ボックスに「Regedit」と入力し、エンターキーを押します。

Regedit」内でCtrlF キーを同時に押し、そのCoreSyncの名前を入力。 右クリックし、それと同じような名前の入った項目を全て削除します。そういった表示がない場合、手動で以下のディレクトリに行き、削除 / アンインストールの作業をしてください。

  • HKEY_CURRENT_USER—-Software—–Random Directory
    ここに表示される項目は全てCoreSyncの可能性があるものです。どれが悪性のものか分からない場合は私たちにご連絡ください。
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—-Windows—CurrentVersion—Run– Random
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—Internet Explorer—-Main—- Random

何か問題が発生したら、忘れず私たちにご連絡ください。


Leave a Comment