広告の削除

FusionCore Virus

 


このページは、FusionCoreアドウェアの削除を支援することを目的としています。削除手順は、Chrome、Firefox、Internet Explorer、およびすべてのバージョンのWindowsで機能します。

この投稿の最初の部分は、機械の助けを借りて翻訳されました。 翻訳の誤りをおaびします。

FusionCore

FusionCoreは不正なブラウザ拡張機能で、インストールされているブラウザの設定をハイジャックし、ユーザーの検索を一部の提携サイトにリダイレクトし始めます。 FusionCoreはOSやブラウザに害を与えることはありませんが、外部の脅威に対するコンピューターの保護を低下させる可能性があります。

FusionCoreが、プロモーションしようとしている不明瞭なサイトでデフォルトのブラウザーの開始ページを変更し、検索結果も広告結果のみを表示するような見慣れないものに置き換えられた場合は、すべてを読むのが最善ですFusionCoreのソフトウェアの種類、その目的と機能、およびシステムからアンインストールして、ブラウザを好ましくない変更から解放する方法を知るために、このページで準備した情報。

現在扱っているアプリはブラウザーハイジャッカーであり、Chrome、Firefox、Opera、Edgeなど、あらゆる種類のブラウザーにインストールできます。ブラウザに存在してもシステムに直接害を及ぼすことはありませんが、ブラウザを使用しようとすると、ブラウザでページのリダイレクトと広告生成が発生します。これは、広告とリダイレクトが非常に攻撃的である傾向があり、低品質の商品やサービスを販売しようとするページにのみリンクする傾向があるため、ほとんどの人を困らせます。ほとんどの場合、この種のアプリケーションによって引き起こされるまったくの刺激は、ハイジャッカーをアンインストールする十分な理由です。ただし、FusionCoreの広告アクションに特に煩わされていないとしても、この状況の安全面、つまり、システムのハイジャック犯がコンピューターのセキュリティを深刻に危険にさらす可能性があるという事実に注意する必要があります。トロイの木馬、ワーム、ランサムウェアクリプトウイルス、スパイウェアなど、より危険な形態のマルウェアからの攻撃への道を開きます。

FusionCoreの削除について知っておくべきこと

通常、ほとんどの一般ユーザーは、このようなアプリのアンインストールウィザードがなく、コントロールパネルの[プログラムのアンインストール]リストまたは拡張機能のマネージャーに不要なアプリのエントリがないため、ハイジャック犯を適切に削除できません。ブラウザ。そして、たとえ一部のユーザーがハイジャッカーをアンインストールできたとしても、多くの場合、彼らはすぐに侵入ソフトウェアが彼らを悩ませるように戻ったことに気づきます。これは、ほとんどのハイジャッカーがシステムでレジストリを変更し、ユーザーが削除した後でもブラウザに自動的に再インストールできるようにするヘルパー要素をインストールするためです。そのため、削除プロセスをガイドするための削除手順のセットが必要になる場合があります。また、見逃したハイジャッカーに関連するデータを検出するのに役立つ専用の削除ツールも必要になる場合があります。幸いなことに、これらの両方が以下にありますので、先に進み、ガイドと推奨される削除ツールを使用して、システムからFusionCoreを削除してください。

概要 :

名称 FusionCore
種別 アドウェア  (Adware) 
危険レベル  ( ランサムウェアほどの脅威はないものの、リスクは十分にあります )
感染症状  すべてのサイトやページに表示される侵入型広告は、お使いのコンピュータにハイジャック犯がインストールされていることを確実に示すものです。
感染経路 大ざっぱな添付ファイルとclickbaitダウンロードプロンプト、およびソフトウェアバンドルを含むスパムメッセージ。
検出ツール

SpyHunterの マルウェア検出ツールは完全無料です。感染を駆除するには、完全版の購入が必要です。
SpyHunterに関する詳しい情報はこちら 、そしてアンインストールの仕方はこちら  をご覧ください。

FusionCore 駆除


Step1

セーフモードで再起動する。( やり方はこちらをご覧ください )

Step2

これは最重要で最難関な部分です。 I誤って違うファイルを削除してしまうと、お使いのシステムが損傷し、二度と復元できなくなる恐れがあります。,
>> 完全 parasite スキャナー・駆除ツールSpyHunter をダウンロード

 

隠しファイルとフォルダーを全て表示しておく。

  • 大事な作業です。FusionCore による隠しファイルがあるかもしれません。

スタートキーとRキーを同時に押した後、appwiz.cpl と打ち込みOKをクリック。

appwiz

コントロールパネルに飛びます。怪しいエントリーはアンインストールするか削除してください。

検索ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押すと、ポップアップ ウィンドウが表示されます。

msconfig_opt

スタートアップのタブ内で、製造元が不明、または怪しいもののエントリーのチェックを外します。

  • 注意 : お持ちのパソコンに大きめな脅威 (ランサムウェアなど) があると感じる要素があれば、ここで全て確認しておきましょう。

Step3

スタートメニューを開き、ネットワーク接続を探し(Windows 10をお使いの場合は、Windowsボタンをクリックし、「ネットワーク接続」と打ち込みます。)、エンターキーを押します。

  1. ご使用のネットワークアダプタを右クリックし、「プロパティ

  2. 「インターネットプロトコル バージョン4 (ICP/IP)

  3. を選択し、「プロパティ」をクリック。

  4. DNS回線が、DNSサーバーを自動取得するように設定してあります。もしされてない場合はここで設定してください。

  5. 「詳細設定」をクリックし、DNSタブを選択。 ( もしボックスに何か表示されている場合) 全て消去し、OKを押します。

DNS

Step4

ブラウザのショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。

メモ ここではGoogle Chromeを使ってお見せしましたが、Firefox IEMicrosoft Edgeにも対応しています。

browser-hijacker-taskbar-properties

「プロパティ」から「ショートカット」を選び、「ターゲット」欄の .exe 以降のものを全て消去します。

ie9-10_512x512 Internet ExplorerからFusionCore を駆除する方法:

Internet Explorer を起動後 IE GEAR をクリックし、「アドオンの管理」を選択。

pic 3

危険性のあるものを見つけ、「無効」に設定します。  から—–「インターネット オプション」を選び、URLをご使用のものに変更し (ハイジャックされた場合) 、「適用」を押します。

firefox-512 FirefoxからFusionCore を駆除する方法:

Firefoxを起動後 mozilla menu をクリックし、「アドオン」から「拡張機能」を選択します。

pic 6

アドウェア、マルウェアを探し、「削除」をクリック。
chrome-logo-transparent-background

ChromeからFusionCore を駆除する方法:

Chromeを終了し、 C:/Users/!!!!USER NAME!!!!/AppData/Local/Google/Chrome/User Data 
を閲覧すると、中に「Default」というフォルダがあります。

Rename the Folder to Backup Default

ファイルネームを「Backup Default

に変え、Chromeを再起動します。

  • この段階でFusionCore Chromeから消えている状態ですが、システム再起動時にまたFusionCoreが現れることがないよう、ガイドを全て読んだ上、正しい手順を踏んでください。

Step5

Ctrl + Shift + Escキーを同時に押し、「プロセス」タブを選びます。Google などで検索するか、このサイトのコメント欄で私たちに連絡をし、どれが危険性のあるものか見極めましょう。

警告: この手順をする前に、必ずこのガイドをよくお読みになってください!

警告!
Parasite を駆除する作業の中で、必要なシステムファイルやレジストリを削除したり、誤った操作をしてしまう恐れがあります。 誤って何かを削除するなど、ほんの小さなミスがシステムに影響する可能性があります。
完全 parasite 駆除ツール SpyHunter でこれを予防しましょう。

問題のプロセスを個別に右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック。 そのフォルダを開いた後、そのプロセスを終了し、 行き着いたディレクトリを削除します。

malware-start-taskbar

Step6

Windows 検索ボックスに「Regedit」と入力し、エンターキーを押します。

Regedit」内でCtrlF キーを同時に押し、そのFusionCoreの名前を入力。 右クリックし、それと同じような名前の入った項目を全て削除します。そういった表示がない場合、手動で以下のディレクトリに行き、削除 / アンインストールの作業をしてください。

  • HKEY_CURRENT_USER—-Software—–Random Directory
    ここに表示される項目は全てFusionCoreの可能性があるものです。どれが悪性のものか分からない場合は私たちにご連絡ください。
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—-Windows—CurrentVersion—Run– Random
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—Internet Explorer—-Main—- Random

何か問題が発生したら、忘れず私たちにご連絡ください。


Leave a Comment