GlobeImposter 2.0 駆除


GlobeImposter 2.0によりファイルへのアクセスができなくなった!知っておくべきこと

存在する数多くの不正プログラム・ウイルスと比べると、有害ソフト、ランサムウェアが世に出てからしばらく経ちます。しかし数年前と比べると、今ではそれほど広くは蔓延っていないし、使うハッカーも少なくなってきました。しかし、毎日絶えず、より進歩した最新のランサムウェア ウイルスが開発され、不正プログラムの進化は、IT界の対応がまだ追いつかないほど速いです。そのため、各自がランサムウェアとは何者か、パソコンに感染するとどういったことが起こるのか、そしてどう感染を防ぐか、しっかりと知っておくことが不可欠なのです。まず知っていただきたいのは、GlobeImposter 2.0は最新ランサムウェア ウイルスの一つで、現在増加中だということです。となると、あなたのパソコンにいつ感染してもおかしくないですよね。今回、皆さんにこの記事を読んでいただき、GlobeImposter 2.0の必須防御法と感染時の対処法をしっかりと覚えて帰って欲しいと思います。
特殊ウイルス、ランサムウェア

ランサムウェア ウイルスというのは、感染し得る不正プログラムの中でもかなり特殊なもので、他のウイルスとは違い、GlobeImposter 2.0などのプログラムは特有の目的を元に作られています。ランサムウェアはパソコンのシステムを駄目にしたり、あなたの情報を覗き見してお金を盗むといったことはしません。「じゃあトロイの木馬などの他ウイルスと比べると害や危険性が少ないのでは?」それは間違いです。
ファイルが暗号化されたら

一般的に、一旦ランサムウェア ウイルスにファイルを暗号化されたら、なす術はかなり限られます。理由としては、この特殊な特徴のせいで対応がとても難しく、この手の新しいウイルスの暗号がまだ解析されていないということです。でも安心してください。この記事でちゃんと、GlobeImposter 2.0を駆除するためのガイド、保証はないものの、ファイルを取り戻す方法をカバーしています。しかしながら、ランサムウェアとなると、必ずしも全てが成功する保証はありません。いっそ、ランサムウェアにお金を取られてもいいから放っておいたほうがいいかも?とお考えの方。それはとっても危険な考えです。「身代金」を払ったからと言って、返して欲しいファイルが戻ってくる約束はどこにもありません。
ランサムウェアの感染を防ぐための重要ポイント

ここまでに述べた事は全て、何回繰り返しても足りないほど大事な情報で、パソコンを安全に保つために必須な事項です。ランサムウェアの感染を未然に防ぐことは、感染した後の対処に比べればたやすい事です。以下の重要ポイントをしっかりと頭に入れ、感染を確実に防いでください。

  • 有能なウイルス対策ソフトを買う。GlobeImposter 2.0は、トロイの木馬など別のウイルスに便乗してパソコンに入るパターンが多い。
  • 新しいメールを開くときは十分に注意する。迷惑メールは、ランサムウェアの一番多い感染経路の内の一つ。送信者が不明、また、知らない人から届いたメールが怪しい場合は、開かずにそのまま削除。
  • 大事なファイルは必ずバックアップをとっておく。万一パソコンがランサムウェアに感染しても、これをやっておけば被害がかなり小さくなる。
  • パソコンの動きに注意を払う。RAMやCPUの使用容量が前より多く、空容量が減っている場合、GlobeImposter 2.0がファイルを暗号化している可能性がある。それが分かったら、すぐにパソコンの電源を切り、専門家に相談すること。

 概要:

名称 GlobeImposter 2.0
種別 ランサムウェア
危険レベル 高 ( 非常に危険 )
感染症状 ランサムウェアによる暗号化でRAMやCPUの使用容量が増え、パソコンの動作が遅くなることも
感染経路 迷惑メール、偽メールなどが比較的多い
検出ツール GlobeImposter 2.0 の追跡が難しいことがあります。完全マルウェア検出ツール SpyHunter を使い、感染の可能性があるファイルを全て見つけ出しましょう。

SpyHunterの マルウェア検出ツールは完全無料です。感染を駆除するには、完全版の購入が必要です。
SpyHunterに関する詳しい情報はこちら 、そしてアンインストールの仕方はこちら  をご覧ください。

GlobeImposter 2.0 駆除


Step1

セーフモードで再起動する。( やり方はこちらをご覧ください )

Step2

これは最重要で最難関な部分です。 I誤って違うファイルを削除してしまうと、お使いのシステムが損傷し、二度と復元できなくなる恐れがあります。,
>> 完全 parasite スキャナー・駆除ツールSpyHunter をダウンロード

 

検索ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押すと、ポップアップ ウィンドウが表示されます。

msconfig_opt

スタートアップのタブ内で、製造元が不明、または怪しいもののエントリーのチェックを外します。

  • 注意 お持ちのパソコンに大きめな脅威 (ランサムウェアなどがあると感じる要素があれば、ここで全て確認しておきましょう。

Step3

Ctrl + Shift + Escキーを同時に押し、「プロセス」タブを選びます。Google などで検索するか、このサイトのコメント欄で私たちに連絡をし、どれが危険性のあるものか見極めましょう。

警告この手順をする前に、必ずこのガイドをよくお読みになってください!

警告!
Parasite を駆除する作業の中で、必要なシステムファイルやレジストリを削除したり、誤った操作をしてしまう恐れがあります。 誤って何かを削除するなど、ほんの小さなミスがシステムに影響する可能性があります。
完全 parasite 駆除ツール SpyHunter でこれを予防しましょう。

問題のプロセスを個別に右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック。 そのフォルダを開いた後、そのプロセスを終了し、 行き着いたディレクトリを削除します。

malware-start-taskbar

Step4

Windows検索ボックスで「Regedit

を入力し、エンターキーを押します。「Regedit」内でCtrlキーを同時に押し、そのGlobeImposter 2.0の名前を入力。

レジストリで問題のランサムウェアを探し、「削除

をクリック。間違えてランサムウェアに関係のないエントリを削除すると、システムに影響を及ぼす恐れがあるため、十分に注意を払ってください。

Windows検索ボックスで以下のものを入力。

  1. %AppData%

  2. %LocalAppData%

  3. %ProgramData%

  4. %WinDir%

  5. %Temp%

Temp」内の全てを削除します。他の項目に関しては、最近追加されたものを調べます。繰り返しますが、何か問題が起きればいつでも私たちにご連絡ください。

Step5

GlobeImposter 2.0に感染したファイルを復元する方法

このウイルスの暗号化を駆除するための唯一の方法が存在しますが、必ずしも解決するとは限りません (保証なし)。これは、感染したファイルを前の状態に戻すというものです。

まずはRecuvaのオフィシャルサイトへ行き、Recuva 無料版をダウンロードします。プログラムを開始し、復元したいファイルのタイプを選択。ファイルを全選択することも可能です。次は、ファイルの場所を選択。これも同様、Recuvaで全ての場所を一括スキャンすることができます。

次に詳細スキャンのボックスをチェックし、有効にします。プログラムが作動します。終了するまでに時間がかかることがありますが、休憩しながら我慢強く待ちましょう。

終了後、大量のリストが出来ています。そこから復元したいファイルを全て選択し、 「復元」をクリックします。