Pushwelcomeウイルス


Pushwelcome

Pushwelcomeは、セキュリティの専門家がブラウザハイジャック犯として認識する不正なブラウザプラグインの一種です。 Pushwelcomeのようなブラウザハイジャッカーは通常、クリック課金型広告でブラウザの画面を表示し、最も人気のあるWebサーフィンプログラムを使用してWebサーフィンの動作とその構成を監視しようとします。

また、ブラウジングアプリケーションが異常に動作し始め、サポートされている別のページへの意図しないリンク変更が発生したり、検索結果に削除が難しい広告などが入力されたりします。さまざまなバナー、ボックス通知、ポップアップなどが表示されます。サイトサーフィンセッション中の他の種類の画面上のプロモーションメッセージは、ブラウザハッカー攻撃の他の非常に典型的な影響です。

Pushwelcomeウイルス

通常、Pushwelcome Virusのようなアプリは、キー設定を変更する意図をユーザーに明確に通知しなくても、任意のWebブラウザーに接続できます。ただし、Pushwelcomeウイルスが「改善」を行った後の最終的な結果は、次のサーフィンセッションの開始時に、ユーザーが新しいホームページアドレスまたはまったく異なる検索エンジンで迎えられることです。

ブラウジングアプリに対するこれらの刺激的な新しい改善点をすべてアンインストールし、再び戻ってくる機会を残さずにすべてのしつこいコマーシャルを削除したい場合は、ブラウジング障害の原因に直接アクセスする必要があります。そのために、ブラウザハイジャック犯を取り除くことは必ずしも簡単な仕事ではないため、削除プロセス中にあなたをサポートするために、Pushwelcome用の特別な削除ガイドを作成しました。

このタイプのソフトウェアは、システムの脆弱性の問題や、悪名高いランサムウェアやトロイの木馬の脅威など、さまざまなオンラインセキュリティの危険にユーザーがさらされる原因となる場合があります。

コンピュータウイルスやマルウェアとしては扱われませんが、ほとんどのブラウザハイジャック犯は、望ましくない可能性のあるプログラム(PUP)と見なされているようです。これにはいくつかの理由がありますが、何よりもまず、このようなアプリは、ランダムで大ざっぱなWebの場所に再ルーティングすることで、コンピューターの安全性を損なう可能性があります。 Pushwelcomeなどのソフトウェアは、ウイルスのハブとして機能する可能性のあるあいまいなサイトやページに誤ってさらされる可能性があります。

Pushwelcome.com

トロイの木馬、ランサムウェア、ルートキット、その他のオンラインハザードなどの有害なマルウェアとの接近遭遇を避けたい場合は、Pushwelcome.comの広告資料から遠ざけることをお勧めします。そのため、Pushwelcome.comを削除することは、ブラウザの設定を復元し、広告を表示せずにWebを閲覧することだけではありません。

Pushwelcomeをアンインストールする必要があるもう1つの説明は、広告生成プロセスが大量のリソースを消費することです。結局のところ、ブラウザに何百もの広告と自動リダイレクトを表示するには、膨大なRAMとプロセッサの能力が必要です。これにより、時間の経過とともにマシンが潜在的に応答しなくなる可能性があります。

さらに、Pushwelcomeなどのブラウザハイジャック犯も、バックグラウンドアクティビティの一環として、侵害されたマシンからブラウジングデータを収集します。これらのタイプのデータ収集アクティビティは人気があり、基本的に今日ではすべてのウェブサイトで実行されていますが、ブラウザハイジャック犯や関連アプリケーションの場合、これは明確に言及されておらず、ユーザーは通常、ブラウジングアクティビティが追跡されていることに気づいていません。ダウンして処理されます。

概要 :

名称 Pushwelcome
種別 ブラウザ ハイジャッカー
検出ツール

SpyHunterの マルウェア検出ツールは完全無料です。感染を駆除するには、完全版の購入が必要です。
SpyHunterに関する詳しい情報はこちら 、そしてアンインストールの仕方はこちら  をご覧ください。

Pushwelcome 駆除


Step1

セーフモードで再起動する。( やり方はこちらをご覧ください )

Step2

隠しファイルとフォルダーを全て表示しておく。

  • 大事な作業です。Pushwelcome による隠しファイルがあるかもしれません。

スタートキーとRキーを同時に押した後、appwiz.cpl と打ち込みOKをクリック。

appwiz

コントロールパネルに飛びます。怪しいエントリーはアンインストールするか削除してください。

検索ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押すと、ポップアップ ウィンドウが表示されます。

msconfig_opt

スタートアップのタブ内で、製造元が不明、または怪しいもののエントリーのチェックを外します。

  • 注意 : お持ちのパソコンに大きめな脅威 (ランサムウェアなど) があると感じる要素があれば、ここで全て確認しておきましょう。

Step3

スタートメニューを開き、ネットワーク接続を探し(Windows 10をお使いの場合は、Windowsボタンをクリックし、「ネットワーク接続」と打ち込みます。)、エンターキーを押します。

  1. ご使用のネットワークアダプタを右クリックし、「プロパティ

  2. 「インターネットプロトコル バージョン4 (ICP/IP)

  3. を選択し、「プロパティ」をクリック。

  4. DNS回線が、DNSサーバーを自動取得するように設定してあります。もしされてない場合はここで設定してください。

  5. 「詳細設定」をクリックし、DNSタブを選択。 ( もしボックスに何か表示されている場合) 全て消去し、OKを押します。

DNS

Step4

ブラウザのショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。

メモ ここではGoogle Chromeを使ってお見せしましたが、Firefox IEMicrosoft Edgeにも対応しています。

browser-hijacker-taskbar-properties

「プロパティ」から「ショートカット」を選び、「ターゲット」欄の .exe 以降のものを全て消去します。

Browser Hijacker Removal Instructions

ie9-10_512x512 Internet ExplorerからPushwelcome を駆除する方法:

Internet Explorer を起動後 IE GEAR をクリックし、「アドオンの管理」を選択。

pic 3

危険性のあるものを見つけ、「無効」に設定します。  から—–「インターネット オプション」を選び、URLをご使用のものに変更し (ハイジャックされた場合) 、「適用」を押します。

firefox-512 FirefoxからPushwelcome を駆除する方法:

Firefoxを起動後 mozilla menu をクリックし、「アドオン」から「拡張機能」を選択します。

pic 6

アドウェア、マルウェアを探し、「削除」をクリック。
chrome-logo-transparent-background

ChromeからPushwelcome を駆除する方法:

Chromeを終了し、 C:/Users/!!!!USER NAME!!!!/AppData/Local/Google/Chrome/User Data 
を閲覧すると、中に「Default」というフォルダがあります。

Rename the Folder to Backup Default

ファイルネームを「Backup Default

に変え、Chromeを再起動します。

  • この段階でPushwelcome Chromeから消えている状態ですが、システム再起動時にまたPushwelcomeが現れることがないよう、ガイドを全て読んだ上、正しい手順を踏んでください。

Step5

Ctrl + Shift + Escキーを同時に押し、「プロセス」タブを選びます。Google などで検索するか、このサイトのコメント欄で私たちに連絡をし、どれが危険性のあるものか見極めましょう。

警告: この手順をする前に、必ずこのガイドをよくお読みになってください!

問題のプロセスを個別に右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック。 そのフォルダを開いた後、そのプロセスを終了し、 行き着いたディレクトリを削除します。

malware-start-taskbar

Step6

Windows 検索ボックスに「Regedit」と入力し、エンターキーを押します。

Regedit」内でCtrlF キーを同時に押し、そのPushwelcomeの名前を入力。 右クリックし、それと同じような名前の入った項目を全て削除します。そういった表示がない場合、手動で以下のディレクトリに行き、削除 / アンインストールの作業をしてください。

  • HKEY_CURRENT_USER—-Software—–Random Directory
    ここに表示される項目は全てPushwelcomeの可能性があるものです。どれが悪性のものか分からない場合は私たちにご連絡ください。
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—-Windows—CurrentVersion—Run– Random
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—Internet Explorer—-Main—- Random

何か問題が発生したら、忘れず私たちにご連絡ください。

blank

About the author

blank

George Slaine

Leave a Comment