Boffero.comウイルス


Boffero.com

Boffero.comは、動作するためにブラウザの「ホスト」を必要とする侵略的なソフトウェアです。Boffero.comの主な目的は、できるだけ多くのユーザーのブラウザに取り付き、その中からさまざまな形のコンテンツを宣伝することです。

プロモーションされるコンテンツは、サイト、ページ、アプリケーション、サービスなど、何でもあります。今回の記事では、Boffero.comというページを宣伝するハイジャッカーについてお伝えします。お使いのブラウザにこのハイジャッカーが侵入すると、デフォルトの検索エンジンがカスタム検索エンジンに置き換えられ、Boffero.comにページリダイレクトされるようになります。その他の症状としては、ランダムな広告、バナー、ポップアップメッセージなどが表示されることがありますが、これらはハイジャッカーの存在に関連しています。通常、Firefox、Chrome、Safari、Edgeがこのハイジャッカーに感染するブラウザですが、他のブラウザにインストールされる可能性も否定できません。ほとんどのハイジャッカーは、互換性の面でかなり多機能であり、ほとんどのブラウザと統合することができます。

Boffero.com ハイジャッカーをブラウザにインストールしていて、それをアンインストールしたい場合は、この記事の残りの部分を読んで、その下にある削除ガイドを参照してください。

ハイジャッカーにはどんな危険があるの?

多くのユーザーは、ハイジャッカーによってブラウザに加えられた変更や、ブラウザを開くたびに画面に表示されるランダムな広告を見て、トロイの木馬やワーム、ランサムウェアなどのクリプトウイルスに似た危険なコンピュータウイルスがシステムに侵入したのではないかと不安になります。もしあなたが同じことを心配しているのであれば、Boffero.com関連のようなハイジャッカーは確かにそのようなことはないということを知っておいてください。これらのアプリは確かに迷惑で、あなたのブラウジング体験を大きく乱す可能性がありますが、本質的には有害なものではありません。

 とはいえ、この厄介なハイジャッカーをシステムやブラウザからアンインストールすることを強くお勧めします。というのも、お使いのコンピュータにこのハイジャッカーが存在することには、システムのセキュリティを低下させる要因があるからです。ここでは主に、このハイジャッカーが表示する広告やページリダイレクトの性質や出所が確認されていないことについて述べています。Boffero.comのページは有害ではないかもしれませんが、ハイジャッカーの広告がリンクされているその他の場所は、安全でない可能性があります。通常、このハイジャッカーから送られてくる広告をクリックすることは好ましくありませんが、場合によっては、誤ってその一部をクリックしてしまうことがあります。誤って広告をクリックしてしまうと、不明瞭なサイトやフィッシングページにリダイレクトされたり、ウイルス、トロイの木馬、ランサムウェアなどに感染してしまう可能性があります。そのため、このハイジャッカーを削除することが最善であり、以下のガイドのステップがその助けとなります。

概要 :

名称Boffero.com
種別ブラウザ ハイジャッカー
検出ツール

Boffero.comウイルス削除する


Step1

セーフモードで再起動してください(手順は英語ガイドを参照)。

Step2

隠しファイルとフォルダーを全て表示しておく。

  • 大事な作業です。Boffero.com による隠しファイルがあるかもしれません。

スタートキーとRキーを同時に押した後、appwiz.cpl と打ち込みOKをクリック。

appwiz

コントロールパネルに飛びます。怪しいエントリーはアンインストールするか削除してください。

検索ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押すと、ポップアップ ウィンドウが表示されます。

msconfig_opt

スタートアップのタブ内で、製造元が不明、または怪しいもののエントリーのチェックを外します。

  • 注意 : お持ちのパソコンに大きめな脅威 (ランサムウェアなど) があると感じる要素があれば、ここで全て確認しておきましょう。
Step3

スタートメニューを開き、ネットワーク接続を探し(Windows 10をお使いの場合は、Windowsボタンをクリックし、「ネットワーク接続」と打ち込みます。)、エンターキーを押します。

  1. ご使用のネットワークアダプタを右クリックし、「プロパティ
  2. →「インターネットプロトコルバージョン4 (ICP/IP)
  3. を選択し、「プロパティ」をクリック。
  4. DNS回線が、DNSサーバーを自動取得するように設定してあります。もしされてない場合はここで設定してください。
  5. 「詳細設定」をクリックし、DNSタブを選択。 ( もしボックスに何か表示されている場合) 全て消去し、OKを押します。
DNS
Step4

ブラウザのショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。

メモここではGoogle Chromeを使ってお見せしましたが、Firefoxや IE、Microsoft Edgeにも対応しています。

browser-hijacker-taskbar-properties

「プロパティ」から「ショートカット」を選び、「ターゲット」欄の.exe 以降のものを全て消去します。

Browser Hijacker Removal Instructions

ie9-10_512x512 Internet ExplorerからBoffero.com を駆除する方法:

Internet Explorer を起動後 IE GEAR をクリックし、「アドオンの管理」を選択。

pic 3

危険性のあるものを見つけ、「無効」に設定します。 から—–> 「インターネット オプション」を選び、URLをご使用のものに変更し (ハイジャックされた場合) 、「適用」を押します。

FirefoxからBoffero.com を駆除する方法:

Firefoxを起動後、 mozilla menu をクリックし、「アドオン」から「拡張機能」を選択します。

pic 6

アドウェア、マルウェアを探し、「削除」をクリック。

ChromeからBoffero.com を駆除する方法:

Chromeを終了し、 C:/Users/!!!!USER NAME!!!!/AppData/Local/Google/Chrome/User Data 
を閲覧すると、中に「Default」というフォルダがあります。

Rename the Folder to Backup Default

ファイルネームを「Backup Default

に変え、Chromeを再起動します。

  • この段階でBoffero.com はChromeから消えている状態ですが、システム再起動時にまたBoffero.comが現れることがないよう、ガイドを全て読んだ上、正しい手順を踏んでください。
Step5

Ctrl + Shift + Escキーを同時に押し、「プロセス」タブを選びます。Google などで検索するか、このサイトのコメント欄で私たちに連絡をし、どれが危険性のあるものか見極めましょう。

警告: この手順をする前に、必ずこのガイドをよくお読みになってください!

問題のプロセスを個別に右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック。 そのフォルダを開いた後、そのプロセスを終了し、 行き着いたディレクトリを削除します。

malware-start-taskbar
Step6

Windows 検索ボックスに「Regedit」と入力し、エンターキーを押します。

Regedit」内でCtrlF キーを同時に押し、そのBoffero.comの名前を入力。右クリックし、それと同じような名前の入った項目を全て削除します。そういった表示がない場合、手動で以下のディレクトリに行き、削除 / アンインストールの作業をしてください。

  • HKEY_CURRENT_USER—-Software—–Random Directory
    ここに表示される項目は全てBoffero.comの可能性があるものです。どれが悪性のものか分からない場合は私たちにご連絡ください。
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—-Windows—CurrentVersion—Run– Random
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—Internet Explorer—-Main—- Random

何か問題が発生したら、忘れず私たちにご連絡ください。

[facebook_like]

About the author

blank

George Slaine

Leave a Comment