Virus Removal Guides

X1.c.lencr.org マルウェア

X1.c.lencr.org

X1.c.lencr.orgはブラウザハイジャッカーで、ChromeやFirefoxなどの一般的なブラウザのいずれかに侵入することができます。X1.c.lencr.orgは通常、ブラウザの設定の一部を変更し、オンライン広告の生成を開始します。

そのため、このハイジャッカーがお気に入りのブラウジングプログラムに統合されるとすぐに、訪問したほとんどのページがポップアップ、バナー、ボックスメッセージ、その他様々な形の広告で埋め尽くされていることに気付き始めるでしょう。さらに、X1.c.lencr.orgやR3.o.lencr.orgのようなプログラムは、ほとんどの場合、デフォルトの検索エンジンを、より多くのトラフィックを誘導するように設定されたものに置き換えます。また、これはブラウザのホームページにも当てはまるかもしれません。さらに、ユーザーからの苦情が多いのは、ウェブ上の他のサイトにアクセスしようとしたときに、自分のページがスポンサー付きのウェブにリダイレクトされることがよくあるということです。

これらのことから、ユーザーはこの厄介な広告生成ソフトウェアを一刻も早く削除する方法を求めているのです。しかし、X1.c.lencr.orgのようなブラウザハイジャッカーには「アンインストール」ボタンが付いていないので、その方法はそれほど明白ではないかもしれません。そこで、当社の専門家が以下に詳細な削除ガイドを用意しました。このガイドは、X1.c.lencr.orgとそれがあなたのブラウザに加えた望ましくない変更のすべてを取り除くのに役立ちます。

X1.c.lencr.orgマルウェア

X1.c.lencr.org のようなブラウザ・ハイジャッカーに初めて遭遇すると、ユーザーはしばしばパニックに陥り、何らかのウイルスに感染したに違いないと自動的に思い込んでしまいます。しかし、そうではないことをお伝えしたいと思います。X1.c.lencr.org マルウェアは、望ましくないプログラムであると考えられますが、本物のウイルスのようにシステムに害を与えることはできません。

しかし、その積極的な広告手法や、特にページのリダイレクトを誘発することにより、感染した、または危険なウェブサイトやページに到達する危険性があります。その結果、知らず知らずのうちにトロイの木馬、ランサムウェア、スパイウェア、ワームなどのマルウェアをダウンロードしてしまう可能性があります。特に、お使いのPCに信頼できるアンチウイルスプログラムがインストールされていない場合、このリスクは劇的に高まります。

そのため、ウェブを閲覧する際には常に注意を払うことの重要性を強調したいと思います。このブラウザハイジャッカーが表示する広告にアクセスする前に、よくお考えください。

X1.c.lencr.orgに着地した理由

そもそもこのブラウザハイジャッカーはどこから来たのかと疑問に思うかもしれません。いくつかの可能性がありますが、圧倒的に多いのはプログラム・バンドルによるものです。これはいわゆるソフトウェアパッケージで、1つのメインプログラムのインストールマネージャに1つまたは複数のプログラムが追加されることがあります。一般的には、システム最適化ツールなどのフリーウェアやシェアウェアを自らの意思でダウンロードしたものです。このようなソフトウェアをインストールする際には、必ず詳細設定またはカスタムインストール設定を選択し、追加コンポーネントが統合されるのを防ぐのがコツです。

概要 :

名称X1.c.lencr.org
種別ブラウザ ハイジャッカー
検出ツール

X1.c.lencr.org 駆除


X1.c.lencr.org は、乗っ取ったブラウザにいくつかの拡張機能をインストールすることが知られています。そのため、お使いのブラウジングアプリ内でそのような拡張機能を検出した場合は、以下の手順でそれらの拡張機能を見つけて削除することで、X1.c.lencr.orgに関連するブラウジングの障害も取り除くことができると思われます。

  • まず、問題のあるブラウザを開き、メインメニューボタン(通常は右上にある)をクリックします。
  • その後、設定項目のリストが表示されますので、「その他のツール(またはアドオン)」を探して選択します。お使いのブラウザによっては、異なる名称になっている場合があります。
  • 次に、「拡張機能」というタブを探し、それをクリックします。
  • 次に、拡張機能のリストを注意深く検索して、閲覧結果をハイジャックしていると思われる見慣れないものや、X1.c.lencr.orgとそのページリダイレクトや広告生成活動に明らかに関連する拡張機能を探します。
  • これらの拡張子の名前の横にある「Remove/Trash Bin」ボタンをクリックして削除する。
    その後、そのブラウザでまだ問題が発生しているかどうかを確認します。

 

X1.c.lencr.org の問題が解決しない場合は、以下の削除ガイドの詳細な手順を使用して、お使いのコンピュータとすべてのブラウザから X1.c.lencr.org の他のコンポーネントや痕跡を見つけて削除することをお勧めします。

最初のステップでは、「ブックマーク」ボタン(URLバーの右上)をクリックして、このX1.c.lencr.orgの削除手順が書かれたページを保存することをお勧めします。こうすることで、システムの再起動やブラウザの再起動後に、すぐに除去手順に戻ることができます。

次に、コンピュータをセーフモードで再起動します(その方法がわからない場合は、リンク先の説明をご利用ください)。セーフモードでは、システム上の最も基本的なアプリとプロセスのみが実行されます。これにより、X1.c.lencr.orgとその関連プロセスを簡単に検出することができ、起こりうる混乱を回避することができます。

警戒してください。ご覧になる前によくお読みください。

セーフモードでの再起動が成功したら、CTRL + SHIFT + ESCキーを同時に押して、画面上にポップアップしたWindowsタスクマネージャーのウィンドウから「プロセス」タブ(Win 8および10では「詳細」タブ)を選択します。

次に、リストアップされたプロセスのうち、どのプロセスが X1.c.lencr.org に関連していて、あなたの邪魔をしている可能性があるかを考えてみてください。怪しげなプロセス、特に理由もなくRAMやCPUを大量に使用しているプロセス、X1.c.lencr.orgにちなんだ名前のプロセスを見つけたら、下の画像にあるように、そのプロセスを右クリックして「ファイルの場所を開く」オプションを選択します。

次に、その場所に保存されているファイルを下記の無料オンラインウイルススキャナーにドロップして、ファイルチェックを行い、問題のあるプロセスに本当に属しているかどうか、停止すべきかどうかを判断します。

Each file will be scanned with up to 64 antivirus programs to ensure maximum accuracy
This scanner is free and will always remain free for our website's users.
This file is not matched with any known malware in the database. You can either do a full real-time scan of the file or skip it to upload a new file. Doing a full scan with 64 antivirus programs can take up to 3-4 minutes per file.
Drag and Drop File Here To Scan
Analyzing 0 s
Each file will be scanned with up to 64 antivirus programs to ensure maximum accuracy
    This scanner is based on VirusTotal's API. By submitting data to it, you agree to their Terms of Service and Privacy Policy, and to the sharing of your sample submission with the security community. Please do not submit files with personal information if you do not want them to be shared.

    スキャナが何もフラグを立てていない場合はプロセスをそのままにしておくか、プロセスを停止(プロセスを右クリック>>プロセスの終了)し、危険が検出された場合はそのファイルとフォルダを削除します。

    次に、画面上で「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開き(WindowsキーとRキーを同時に押します)、テキストフィールドにappwiz.cplと入力します。その後、「OK」をクリックします。

    このコマンドを実行すると、「コントロールパネル」ウィンドウが表示され、現在PCにインストールされているすべてのアプリを確認することができます。X1.c.lencr.org が出現した頃にインストールされていたアプリをリストから探します。ブラウザ・ハイジャッカーをシステムに導入したと思われる不正なアプリケーションを見つけた場合は、それをアンインストールするのが最善の方法です。そうすれば、このガイドの指示を完了した後に、X1.c.lencr.orgが再びコンピュータに現れるのを防ぐことができます。

    次に、「コントロールパネル」ウィンドウを閉じ、Windowsの検索バーに「msconfig」と入力します。

    Enterキーを押すと、「System Configuration」が表示されます。

    スタートアップ」タブを開き、X1.c.lencr.org がスタートアップ項目を追加していないか確認する必要があります。怪しいものを発見した場合は、関連するチェックマークを外すだけで無効化されます。

    注意してください。システムやアプリが不安定になる可能性がありますので、正規のプログラムやプロセスに関連するスタートアップ項目を無効にしないようにしてください。

    WindowsキーとRキーを同時に押して新しい「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開き、今度はテキストフィールドに次の行をコピーします。

    notepad %windir%/system32/Drivers/etc/hosts

    OKボタンをクリックすると、すぐに「ホスト」という名前のメモ帳ファイルが開きます。

    テキストの中で、「Localhost」を見つけ、その下に怪しげなIPアドレスが追加されていないかを確認します。

    万が一、存在しないはずのIPを検出した場合は、そのIPのコピーを添えてコメント欄にご記入ください。私たちのチームのメンバーがそれらをチェックし、どうすべきかをアドバイスします。

    次に、Windowsの検索バーに「ネットワーク接続」と入力して開きます。そこにたどり着いたら、現在使用しているネットワークアダプターを選択し、以下の操作を行います。

    • その上で右クリックして、「プロパティ」を選択します。
    • その後、「プロパティ」ウィンドウで「インターネットプロトコルバージョン4(ICP/IP)」を選択し、下の「プロパティ」ボタンをクリックします。
    • 新しいプロパティウィンドウで、「DNSサーバーアドレスを自動的に取得する」を選択し、「詳細設定」をクリックします。
    • 次に、「DNS」タブをクリックして、不正なDNSがないかどうかを確認します。怪しいものがあれば、それを削除してから「OK」ボタンをクリックして変更を保存します。

    ネットワーク接続」の手順が完了したら、ウィンドウを閉じて、Windowsの検索バーにアクセスします。

    その中に「Regedit」と入力してEnterキーを押します。

    レジストリエディタが画面上に開きます。中で、CTRLとFを同時に押して、「検索」ダイアログボックスにブラウザハイジャッカーの名前を書き込みます。

    その後、「次を検索」ボタンをクリックして、レジストリからX1.c.lencr.org関連のエントリを検索します。

    その名前で検索した結果が見つかった場合は、右クリックして削除してください。

    結果が表示されない場合は、これらの各ディレクトリに手動で移動し、その中のハイジャッカーに関連すると思われるものを削除/アンインストールすることをお勧めします。

    • HKEY_CURRENT_USER>Software>Random Directory.
    • HKEY_CURRENT_USER>Software>Microsoft>Windows>CurrentVersion>Run>Random Directory.
    • HKEY_CURRENT_USER>Software>Microsoft>Internet Explorer>Main>Random Directory.

    注意! レジストリエントリがブラウザハイジャッカーの一部であることが100%確認できない場合は、レジストリエントリを削除しないでください。誤った変更や削除は、お使いのシステムやその正常な動作に深刻な影響を与える可能性があります。

    このステップでは、お使いのブラウザからX1.c.lencr.orgを削除する方法について説明します。現在コンピュータにインストールされているすべてのブラウザを使用していなくても、以下の手順を適用することが重要です。これにより、X1.c.lencr.orgの痕跡をすべて取り除き、システムを再起動した後にハイジャッカーが再び現れるのを防ぐことができます。

    注:この例ではデモンストレーションとしてGoogle Chromeを使用していますが、FirefoxやIE(またはEdge)にも同様の手順を適用できます。

    ブラウザのショートカットアイコンに移動し、右クリックします。次に「プロパティ」を選択します。

    その後、「プロパティ」で「ショートカット」タブを選択し、「ターゲット」に進みます。

    ターゲット」フィールドで、「.exe」以降に追加されているものをすべて削除し、完了したら「OK」ボタンをクリックして変更を保存します。

    X1.c.lencr.orgをInternet Explorerから削除します。

    Internet Explorerでは、ブラウザを起動し、右上の歯車のアイコンをクリックします 

    その後、「アドオンの管理」を選択します。

    アドオン」リストで、X1.c.lencr.orgによってインストールされたアドオンを探し、それらを無効にします。

    次に、歯車のアイコンをクリックします をもう一度押して、「インターネットオプション」を選択します。

    ホームページアドレスが変更されているかどうかを確認し、変更されている場合は、任意のURLを入力して「適用」をクリックして保存します。

     FirefoxからX1.c.lencr.orgを削除します。

    Firefoxを起動し、メニューアイコンをクリックする  

    次に、「アドオン」を選択して、左側の「拡張機能」タブをクリックします。

    承認なしにインストールされ、X1.c.lencr.orgにリンクしている可能性のある拡張機能を検索し、それらを削除します。

    X1.c.lencr.orgをChromeから削除します。

    Google Chromeを閉じて、この場所に移動します。

     C:/Users/!!!!USER NAME!!!!/AppData/Local/Google/Chrome/User Data. 

    Default」フォルダを探して選択します。

    その後、フォルダの名前を「Backup Default」に変更し、保存します。

    これが完了したら、Chromeを再起動します。

    このガイドのすべてを完了しても、X1.c.lencr.org がシステムに存在する場合は、当社が推奨する専門的な削除プログラムをダウンロードしてコンピュータをスキャンするか、当社の無料オンライン・ウイルス・スキャナーを試すことをお勧めします。また、下のコメント欄でご質問があればお気軽にお尋ねください。私たちは喜んでお答えします。

     

    Exit mobile version