fbpx

Znews live com ウイルス


Znews live

Znews liveは、メインのWebブラウザの画面上に様々な種類の広告やページリダイレクトプロンプトを表示するように設計されたブラウザハイジャッカーコンポーネントです。これを行うために、Znews liveは、ターゲットブラウザのインターフェイスを再設定して変更し、ホームページや検索エンジンツールを置き換えます。

毎日の生産的なオンライン活動だけでなく、コンピュータシステムの保護のためにも、ブラウザの動作を妨げる不要なアプリからブラウザをクリーンに保つことは非常に重要です。結局のところ、あなたが実際にあなたのウェブブラウジングを強化せず、ページリダイレクトやランダムなポップアップ広告やバナーであなたを砲撃するだけではなく、あなたのブラウザ(それはChrome、IE、Mozilla、または別のものである)は、すべてのタイプのスケッチのアドオンでいっぱいにしている場合は、悪意のあるウェブサイトやウイルス、ランサムウェア、トロイの木馬や他のマルウェアの送信機に着陸する確率が大幅に増加しています。

この記事では、メインブラウザの一部としてマシン上で実行され、その設定に様々な望ましくない変更を加えるそのようなプログラムの1つに集中します。このアプリの名前はZnews liveであり、あなたのシステムでそれを見つけた場合に何をすべきかが分かるように、その機能について少し話しておきたいと思います。

Znews live com ウイルス

Znews live comウイルスは、通常、Firefox、Chrome、Operaなどのブラウザを含む、現在使用している任意のWebブラウザ内に新しい検索エンジン、ツールバー、またはホームページを設定することができるブラウザハイジャッカーとして認識されています。一般的に、Znesws live comウイルスによる新しいブラウザの変更は、ウェブ体験の向上やユーザーの保護を期待されていますが、実際には、何か有益なことをするというよりも、通常のウェブサーフィンと衝突し、より多くの不便や懸念を引き起こす可能性が高いです。

それは、Znews liveやFastcaptchasolverのようなブラウザハイジャックタイプの他のプログラムが、ユーザーの体験を向上させるためではなく、ブラウザの中で様々な製品をより簡単に宣伝するためにブラウザの設定を変更するからです。様々なウェブサイト、オンラインショップ、他のアプリケーション、無料のオンラインゲーム、さらにはポルノサイトやアダルトサイト、ギャンブルサイトなどが、カラフルなポップアップメッセージやバナー広告、ページリダイレクトリンクを使って、ブラウザの画面上で宣伝されることがあります。

明らかに、それは常にあなたのウェブブラウジングセッション中にモニター上の気が散るような広告のすべての種類を見たり、あなたのウェブ検索は、いくつかのスポンサーページに新たに導入されたブラウザハイジャッカーを介してリダイレクトされていることは非常に迷惑かもしれません。これは、多くのユーザーが Znews live のようなアプリをできるだけ早くアンインストールすることを好む理由は驚くべきことではありません。Znews liveのアンインストールといえば、この簡単な記事の下に、ブラウザハイジャッカーを迅速かつ効果的に削除するための詳細なガイダンスが掲載されています。

ブラウザハイジャッカーをシステムから削除するのは少し難しく、時間がかかることが多いですが、ウイルスやトロイの木馬、ランサムウェアなどの悪意のあるソフトウェアがシステムにインストールされていると思われることはありません。Znews liveのようなアプリは合法的なソフトウェアの一部であり、その嫌な特徴は広告生成とブラウザの調整に制限されています。それにかかわらず、この記事の冒頭で説明したように、あなたがブラウザをクリーンで合理化されたものにしたいのであれば、あなたのシステムにブラウザハイジャッカーは必要ないと考えています。

概要 :

名称 Znews live com
種別 ブラウザ ハイジャッカー
危険レベル  ( ランサムウェアほどの脅威はないものの、リスクは十分にあります )
検出ツール

Znews live comウイルス 駆除


Step1

英語ガイドを使用してセーフモードで再起動します。

Step2

スタートキーとRキーを同時に押した後、appwiz.cpl と打ち込みOKをクリック。

appwiz

コントロールパネルに飛びます。怪しいエントリーはアンインストールするか削除してください。

検索ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押すと、ポップアップ ウィンドウが表示されます。

msconfig_opt

スタートアップのタブ内で、製造元が不明、または怪しいもののエントリーのチェックを外します。

  • 注意 : お持ちのパソコンに大きめな脅威 (ランサムウェアなど) があると感じる要素があれば、ここで全て確認しておきましょう。

Step3

スタートメニューを開き、ネットワーク接続を探し(Windows 10をお使いの場合は、Windowsボタンをクリックし、「ネットワーク接続」と打ち込みます。)、エンターキーを押します。

  1. ご使用のネットワークアダプタを右クリックし、「プロパティ

  2. 「インターネットプロトコル バージョン4 (ICP/IP)

  3. を選択し、「プロパティ」をクリック。

  4. DNS回線が、DNSサーバーを自動取得するように設定してあります。もしされてない場合はここで設定してください。

  5. 「詳細設定」をクリックし、DNSタブを選択。 ( もしボックスに何か表示されている場合) 全て消去し、OKを押します。

DNS

Step4

ブラウザのショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。

メモ ここではGoogle Chromeを使ってお見せしましたが、Firefox IEMicrosoft Edgeにも対応しています。

browser-hijacker-taskbar-properties

「プロパティ」から「ショートカット」を選び、「ターゲット」欄の .exe 以降のものを全て消去します。

Browser Hijacker Removal Instructions

ie9-10_512x512 Internet ExplorerからZnews live com を駆除する方法:

Internet Explorer を起動後 IE GEAR をクリックし、「アドオンの管理」を選択。

pic 3

危険性のあるものを見つけ、「無効」に設定します。  から—–「インターネット オプション」を選び、URLをご使用のものに変更し (ハイジャックされた場合) 、「適用」を押します。

firefox-512 FirefoxからZnews live com を駆除する方法:

Firefoxを起動後 mozilla menu をクリックし、「アドオン」から「拡張機能」を選択します。

pic 6

アドウェア、マルウェアを探し、「削除」をクリック。
chrome-logo-transparent-background

ChromeからZnews live com を駆除する方法:

Chromeを終了し、 C:/Users/!!!!USER NAME!!!!/AppData/Local/Google/Chrome/User Data 
を閲覧すると、中に「Default」というフォルダがあります。

Rename the Folder to Backup Default

ファイルネームを「Backup Default

に変え、Chromeを再起動します。

  • この段階でZnews live com Chromeから消えている状態ですが、システム再起動時にまたZnews live comが現れることがないよう、ガイドを全て読んだ上、正しい手順を踏んでください。

Step5

Ctrl + Shift + Escキーを同時に押し、「プロセス」タブを選びます。Google などで検索するか、このサイトのコメント欄で私たちに連絡をし、どれが危険性のあるものか見極めましょう。

警告: この手順をする前に、必ずこのガイドをよくお読みになってください!

問題のプロセスを個別に右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック。 そのフォルダを開いた後、そのプロセスを終了し、 行き着いたディレクトリを削除します。

malware-start-taskbar

Step6

Windows 検索ボックスに「Regedit」と入力し、エンターキーを押します。

Regedit」内でCtrlF キーを同時に押し、そのZnews live comの名前を入力。 右クリックし、それと同じような名前の入った項目を全て削除します。そういった表示がない場合、手動で以下のディレクトリに行き、削除 / アンインストールの作業をしてください。

  • HKEY_CURRENT_USER—-Software—–Random Directory
    ここに表示される項目は全てZnews live comの可能性があるものです。どれが悪性のものか分からない場合は私たちにご連絡ください。
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—-Windows—CurrentVersion—Run– Random
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—Internet Explorer—-Main—- Random

何か問題が発生したら、忘れず私たちにご連絡ください。

blank

About the author

blank

George Slaine

Leave a Comment