Cdnsure ウイルス


Cdnsure

Cdnsureは、最初は通常のChrome拡張機能のように見えますが、インストールされると、自動ページリダイレクトによって不明瞭なサイトを積極的に宣伝し始める、ブラウザリダイレクトソフトウェアです。Cdnsureは直ちに削除しなければなりません。さもなければ、有害なコンテンツを含む安全でないサイトにブラウザを着陸させる可能性があります。

Cdnsure

もしあなたがここにいるなら、あなたの画面はおそらくCdnsure と呼ばれるブラウザハイジャッカーによって生成された迷惑なポップアップ、バナー、その他の広告で溢れかえっていることでしょう。さらに、Cdnsure Virus はおそらくあなたのブラウザのホームページを置き換え、新しいデフォルトの検索エンジンを導入している可能性があります。

しつこい広告を完全に削除し、そのソースをアンインストールするのに役立つ特定の方法があり、次の行で、我々はそれらについてもっと教えてくれるでしょう。もしあなたがChrome、Firefox、Edgeやその他の乗っ取られたかもしれないブラウザの制御を取り戻す助けを求めてこのページにたどり着いたのなら、私たちと一緒にいてください。

Cdnsureウイルス

CdnsureウイルスやFast Captchaなどのブラウザ・ハイジャッカーは、あなたが遭遇する可能性のある最も危険なソフトウェアの1つではなく、ウイルスやランサムウェア、トロイの木馬などの脅威ほど悪質ではありませんが、この形式のソフトウェアに効果的に対処するためには考慮しなければならないいくつかの仕様があります。例えば、正しく削除されないと、再びインストールされ、システム上のブラウザをハイジャックされる可能性があります。

さらに、ハイジャッカーがコンピュータに存在している間、あなたのブラウジングプログラムの設定に望ましくない変更(検索エンジンやホームページの置き換え、自動ページリダイレクトなど)を加え、あなたが実際に訪問したいサイトに到達するのを妨げる可能性があるのです。それだけでなく、ハイジャッカーが画面に表示する広告やポップアップ、スポンサーメッセージは、安全ではないウェブ上の場所をクリックするよう促したり、低品質のソフトウェアやその他の怪しい製品を購入またはインストールするよう、あなたをだます可能性があります。

そのため、Cdnsureを安全かつ効果的にアンインストールし、その潜在的に望ましくない活動のすべてを取り除くには、信頼できる削除ツールや以下のような詳細な削除ガイドを使用することが非常に重要です。

Cdnsureウイルスのようなブラウザハイジャッカーからマシンを保護する。

ブラウザハイジャッカーについて言えば、ほとんどのウェブユーザーはこのソフトウェアがどのようにシステムにインストールされたのか見当もつきません。多くの人は、トロイの木馬、スパイウェア、ランサムウェアなどのウイルスや悪質な脅威と同じように、密かに感染したのだろうと思っています。しかし、ブラウザ・ハイジャッカーは通常、それ自体でコンピュータに感染することはできません。

これらは通常、別のプログラムの一部としてユーザーによってインストールされ、顧客が進んで自分のPCにインストールします。これは主に、インストールプロセス中の注意不足と、与えられたプログラムのインストールバンドルの「詳細」/「カスタム」/「マニュアル」メニューセクションで選択可能なオプションに関する過失が原因で発生します。最も一般的に、Cdnsureのようなアプリは、ゲーム、ソフトウェアツール、アドオン、アップデート、トレントなどのソフトウェアインストーラで見つけることができ、それらはメインプログラムへの無料またはボーナスコンポーネントとして宣伝されます。良いニュースは、ソフトウェアのダウンロードソースに注意し、インストールプロセス中に細心の注意を払えば、それらがシステムに侵入するのを効果的に防ぐことができるということです。

概要:

名称Cdnsure
タイプブラウザ ハイジャッカー
検出ツール

Cdnsureウイルスを除去する

ブラウザハイジャッカーは、アンインストールが難しいことで知られています。しかし、以下に示す手順を踏むことで、Cdnsureを迅速かつ効果的に削除することが可能です。以下は、このガイドでカバーされている内容の簡単な概要です。

感染したPCのシステム構成を開き、Cdnsureに接続していると思われるスタートアップ項目を削除してください。

  • コンピュータが起動したら、「システム構成」を開き、リストからハイジャッカーに関連するスタートアッププロセスを停止してください。
  • コントロールパネル >> プログラムと機能 でCdnsureを検索し、そこにハイジャッカーがあれば削除し、それに関連すると思われる他の潜在的に望ましくないプログラムも削除してください。
  • タスクマネージャーを開き、Cdnsureに関連するプロセスを停止します。
  • インターネット接続」のDNSの設定が変更されている場合は、リセットしてください。
  • 現在PCにインストールされている各ブラウザを開き、それぞれの「アドオン/拡張機能」メニューから、ハイジャック問題の原因となっている可能性のある拡張機能やアドオンを特定し、アンインストールする。
  • 乗っ取られたマシンのHostsファイルからハッキングの指標を探し、レジストリからCdnsure関連の痕跡を削除してください。

以下のCdnsureの削除手順に従い、ステップバイステップのウォークスルーを行ってください。


Step1

セーフモードで再起動してください(手順は英語ガイドを参照)。

Step2

隠しファイルとフォルダーを全て表示しておく。

  • 大事な作業です。Cdnsure による隠しファイルがあるかもしれません。

スタートキーとRキーを同時に押した後、appwiz.cpl と打ち込みOKをクリック。

appwiz

コントロールパネルに飛びます。怪しいエントリーはアンインストールするか削除してください。

検索ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押すと、ポップアップ ウィンドウが表示されます。

msconfig_opt

スタートアップのタブ内で、製造元が不明、または怪しいもののエントリーのチェックを外します。

  • 注意 : お持ちのパソコンに大きめな脅威 (ランサムウェアなど) があると感じる要素があれば、ここで全て確認しておきましょう。

Step3

スタートメニューを開き、ネットワーク接続を探し(Windows 10をお使いの場合は、Windowsボタンをクリックし、「ネットワーク接続」と打ち込みます。)、エンターキーを押します。

  1. ご使用のネットワークアダプタを右クリックし、「プロパティ

  2. 「インターネットプロトコル バージョン4 (ICP/IP)

  3. を選択し、「プロパティ」をクリック。

  4. DNS回線が、DNSサーバーを自動取得するように設定してあります。もしされてない場合はここで設定してください。

  5. 「詳細設定」をクリックし、DNSタブを選択。 ( もしボックスに何か表示されている場合) 全て消去し、OKを押します。

DNS

Step4

ブラウザのショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。

メモ ここではGoogle Chromeを使ってお見せしましたが、Firefox IEMicrosoft Edgeにも対応しています。

browser-hijacker-taskbar-properties

「プロパティ」から「ショートカット」を選び、「ターゲット」欄の .exe 以降のものを全て消去します。

Browser Hijacker Removal Instructions

ie9-10_512x512 Internet ExplorerからCdnsure を駆除する方法:

Internet Explorer を起動後 IE GEAR をクリックし、「アドオンの管理」を選択。

pic 3

危険性のあるものを見つけ、「無効」に設定します。  から—–「インターネット オプション」を選び、URLをご使用のものに変更し (ハイジャックされた場合) 、「適用」を押します。

firefox-512 FirefoxからCdnsure を駆除する方法:

Firefoxを起動後 mozilla menu をクリックし、「アドオン」から「拡張機能」を選択します。

pic 6

アドウェア、マルウェアを探し、「削除」をクリック。
chrome-logo-transparent-background

ChromeからCdnsure を駆除する方法:

Chromeを終了し、 C:/Users/!!!!USER NAME!!!!/AppData/Local/Google/Chrome/User Data 
を閲覧すると、中に「Default」というフォルダがあります。

Rename the Folder to Backup Default

ファイルネームを「Backup Default

に変え、Chromeを再起動します。

  • この段階でCdnsure Chromeから消えている状態ですが、システム再起動時にまたCdnsure現れることがないよう、ガイドを全て読んだ上、正しい手順を踏んでください。

Step5

Ctrl + Shift + Escキーを同時に押し、「プロセス」タブを選びます。Google などで検索するか、このサイトのコメント欄で私たちに連絡をし、どれが危険性のあるものか見極めましょう。

警告: この手順をする前に、必ずこのガイドをよくお読みになってください!

問題のプロセスを個別に右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック。 そのフォルダを開いた後、そのプロセスを終了し、 行き着いたディレクトリを削除します。

malware-start-taskbar

Step6

Windows 検索ボックスに「Regedit」と入力し、エンターキーを押します。

Regedit」内でCtrlF キーを同時に押し、そのCdnsureの名前を入力。 右クリックし、それと同じような名前の入った項目を全て削除します。そういった表示がない場合、手動で以下のディレクトリに行き、削除 / アンインストールの作業をしてください。

  • HKEY_CURRENT_USER—-Software—–Random Directory
    ここに表示される項目は全てCdnsureの可能性があるものです。どれが悪性のものか分からない場合は私たちにご連絡ください。
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—-Windows—CurrentVersion—Run– Random
    HKEY_CURRENT_USER—-Software—Microsoft—Internet Explorer—-Main—- Random

何か問題が発生したら、忘れず私たちにご連絡ください。

[facebook_like]

About the author

blank

Valentin Slavov

Leave a Comment